· 

テナーサックスのネックコルク巻き修理タイムラプス

サックスネックコルクはマウスピースと密着する必要があります。コルクが緩いとチューニングが決まりません。それ以上に重要なことは、音の入り口としてマウスピース(リード)の振動を確実にネックに伝えることです。マウスピース・リードの次に音の入り口に近い位置にあるコルクは重要だと考えてます。

(余談ですが~、最近は葉っぱやネジなどの周辺パーツに音質向上効果を狙う傾向がありますが、あれはただのプラシーボ効果ではないかと・・・。使ってる人ごめんなさい。)

別に問題が無いように見えるコルクでも、長年使用していればコルクにグリスが浸透しすぎて接着剤に影響が出ます。またマウスピースを変えるとシャンクやボアも変わり、コルクとの相性も変わることもあります。

 

いろいろ調整をしても違和感が残っているような時はコルク交換で解決する場合もあります。リペアマン(リペアガール)と相談してみて下さい。でも絶対ではありません。残念ながらやってみないと分からない(+_+)。楽器の演奏は奥が深いですね。